◆生い立ちを知る


 

世田谷ボーイズ

 

 

◆作業員一覧

 

■悠平   出身地 世田谷
   ボーカル  作詞作曲

■渡辺賢 出身地 品川

 ドラム

 

 昭和歌謡オルタナティブロックバンド


◆かんたんな歴史

生きているだけで疲れてしまう平成砂漠、日本、東京、世田谷。


なのになぜ、彼らはバンドなんぞを始めたのか------

 

昭和のある日。

悠平、花も恥じらう4歳。
両親に連れられフォークのプリンス吉田拓郎のコンサートat東京ドームへ。
そこで聴いた「望みを捨てろ」という曲に大きな感銘を受け、4歳にして半分望みを捨てつつミュージシャンを志す。

 

時は流れ、世紀末の悠平15歳。
幼少時代からのおともだちであった河口翔らを誘い世田谷ボーイズの前身バンド、
「横浜久弥と世田谷ボーイズ」を結成。


しかしその直後、食生活の違い(河口は貝類が苦手だが悠平は好物。)などから河口が脱退。
数十回に及ぶメンバーチェンジを繰り返し理想のとてもかっこいいバンド「世田谷ボーイズ」を目指し活動を続けた。

 

そして2007年、ついにインディーズデビューが決定。
その話を聞きつけた河口翔が7年ぶりに再加入。
河口は社会勉強の為に証券会社に就職しつつ、そこで得た知識を参考に、
8月の初ツアーではスペシャルなセンスでギターをうならせた。


その後、しめ鯖作りに専念する為河口が隠居するも静岡で洗車も新茶の佐々木が加入。

しばらくして新たなお茶の可能性を求めて佐々木が故郷へ帰る。

そこへこっそり通りすがりの渡辺が加入。

 

そして現在、人生に疲れた人をどうにかするバンドとして活動。

目標は、

「1度聴けば程度の差こそあれ誰もが気に入るバンド」

だいたいそんな感じが世田谷ボーイズ。

さらに詳しく知りたい方はコチラへ

世田谷ボーイズ初心者講習